不動産用語集

【印紙税(いんしぜい)】

印紙税とは
印紙税法にもとづき課税対象(課税物件)となる一定の課税文書に対して課される日本の税金のこと。
課税文書
課税文書としては、不動産等の譲渡契約書(不動産売買契約書、不動産交換契約書、不動産売渡証など)、土地の賃借権設定等の契約書、工事請負契約書(建物の建築請負書)、ローン借入のための金銭消費賃借契約書、約束手形、為替手形、株券、社債券、定款、預貯金証書、保険証券、預貯金通帳など、印紙税法に記載された20種類の文書が該当する。
納税者と納税方法
印紙税の納税者は、課税文書の作成者である。そして印紙税の納付方法としては、郵便局の郵便窓口などで購入した「収入印紙」を課税文書に貼り、消印する、税務署で税金を納めて、課税文書に税印を押してもらうなどの方法がある。
印紙税額
印紙税額は、契約書に記載された契約金額にもとづき決定される。不動産売買契約書であれば、1万円未満のものは非課税、1,000万円以下のものは10,000円、5,000万円以下のものは15,000円、1億円以下のものは45,000円などである。