不動産用語集

【不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)】

不動産鑑定士とは
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件などを考慮して「不動産の有効利用」について判定を行い、「適正な地価」を判断する、「適正な地価」と「適正な土地利用」に関するスペシャリストのこと。
不動産鑑定士の業務
不動産鑑定士の業務の中心は、不動産鑑定業務である。国や都道府県が毎年行う「地価公示」「都道府県地価調査」「相続税標準地の鑑定評価」「固定資産税標準地の鑑定評価」などがある。公共用地の取得時や、裁判上の評価、会社合弁時の資産評価などでも鑑定を行っている。もう一つは、不動産のエキスパートとして、個人や企業を対象にしたコンサルティング業務を行っており、不動産の有効活用や開発計画策定などで、総合的なアドバイスを行っている。
不動産鑑定士になるには
短答式試験および論文式試験に合格して、実務修習機関が実施する実務修習を修了後、修了考査で修了が国土交通大臣により確認され、登録されることによって不動産鑑定士となることができる。資格取得後は、一般企業に所属して鑑定評価業務を行う「企業内鑑定士」として、あるいは不動産鑑定業の登録を受け、不動産鑑定事務所を開業して活動することができる。