不動産用語集

【不動産(ふどうさん)】

不動産とは
民法第86条第1項により、不動産とは、「土地およびその定着物」のことを意味する。定着物とは、土地の上に定着した物のことで、建物、樹木、庭石などが該当する。庭木や石など、土地に付着して継続して使われることが、その物の取引上の性質であるといえるものは、土地と一体の一個の不動産を形成していると考えられている。動産とは不動産以外のものするすべてをいう。
不動産と民法
不動産には、移動が容易でなく、財産価値が高いことから、動産とは異なる規制が存在する。土地と建物は別個の不動産として扱われ、不動産には「公示の原則」の考え方が適用されることから、土地や建物に関する所有権を取得しても、それを登記して公示しなければ、第三者に対抗できないとしている。
不動産関連の国家資格
不動産を取り扱う業務に関する国家資格として、不動産鑑定士、司法書士、土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、マンション管理士、管理業務主任者、などがある。
不動産をめぐる問題
土壌汚染対策法などの施行にともない、土地取引における土壌汚染対策が重要な問題となっている。またアスベスト(石綿)による健康被害を防ぐ観点から、不動産所有者には建物の材料にアスベストが使用されていないか、調査することが義務付けられている。