不動産用語集

【ボーリング調査(ぼーりんぐちょうさ)】

ボーリング調査とは
ボーリング調査とは、建設工事などにおける地盤調査方法の一つで、掘削機(ボーリングマシン)を用いて建設地に円筒形状の穴を掘削して、地盤の性質(土の硬軟や地層構成など)や、地盤強度などを把握するために行われるさまざまな試験調査のこと。
ボーリング調査の目的
一般にボーリング調査の目的は、以下の4つである。1.地盤の構成(地層)や、基盤(支持層)の深さなどを調べる、2.ボーリング孔を利用して土のサンプリングを行い、土質試験のための試料を入手する、3.ボーリング孔を利用して孔内原位置試験、標準貫入試験、現場透水試験、孔内水平載荷試験などを行う、4.ボーリング孔を利用して、地下水の状態を調べる。
標準貫入試験とは
SPT試験とも言われる。ボーリング孔の中に設置したサンプラーに、高さ75cmの位置から63.5kgの重りを自由落下させ、サンプラーを土中に30cm貫入させるのに必要な打撃回数をカウントする試験のこと。この打撃回数のことをN値という。N値は、地盤の硬さを表す指標として使われ、この値が大きいほど建物を建てる際に硬い良い地盤といえる。逆に、小さいほど軟弱な地盤といえる。マンションなどの杭基礎は、支持層(N値が50以上の地層が5m以上続いている層)に打ち込まれる。