不動産用語集

【クーリングオフ(くーりんぐおふ)】

クーリングオフとは
特定商取引法に規定される、訪問販売や電話勧誘販売などで、消費者が自らの意志がはっきりしない状態で申し込みや契約をしてしまっても、一定の期間内であれば一方的な意思表示をするだけで、申し込みの撤回や契約の解除をすることができる法制度。消費者保護の観点から、消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された。
クーリングオフすると
申し込みや契約がなかったことにできる。商品や権利をすでに受け取っている場合には、業者負担で商品の引き取り、権利の返還をすることができる。消費者が、それについて損害賠償や違約金などの請求を受けることはない。
不動産取引におけるクーリングオフ
不動産取引においてクーリングオフが適用される要件について、宅建業法第37条に次のように規定されている。宅地や建物の売主が、売主が宅建業者自らであること。個人が売主の場合には、適用されない。次に、申し込みや契約をした場所が、宅建業者の事務所や買主が自ら申し出た場所でないこと。宅地建物の引き渡し前、あるいは引き渡し後、代金全額を支払っていないこと。申し込みや売買契約から8日以内であること。