不動産用語集

【防火設備(ぼうかせつび)】

防火設備とは
防火設備とは、火災時に発生する火炎を遮る目的で、建築物に設置された設備の総称のこと。主な防火設備には、防火戸、防火シャッター、ドレンチャー、消火栓、スプリンクラー、排煙設備、火災警報器、煙感知器などがある。このほか、外壁、袖壁、塀、鉄製のドア、スチールサッシに網入りガラスをはめ込んだもの、ガラスブロック、などがある。建築基準法第2条第9号の2および、建築基準法施行令第109条の2上では、次のように規定されている。すなわち、通常の火炎による火熱が加えられた場合に、過熱開始後20分間当該過熱面以外の面に火炎を出さない遮炎性能を有する設備のこと。
特定防火設備とは
特定防火設備とは、防火区画(火災時に火炎が急激に広がるのを防ぐために、耐火構造の壁や床で建築物を一定面積ごとに分けられた区画のこと)に用いられる防火設備として、建築基準法施行令第112条第16項に規定される設備のことで、通常の火災による加熱が加えられた場合に加熱開始後1時間当該加熱面以外の面に火災を出さないものと、その性能が規定されている。