不動産用語集

【媒介契約(ばいかいけいやく)】

媒介契約とは
宅地または建物の売買、交換または賃貸借の取引において、宅地建物取引業者が、取引当事者の間に入って、取引成立に向けて活動する旨の契約のこと。宅地や建物の売買等を希望している当事者が、それぞれ希望する条件にマッチした相手方を探し出すことは極めて困難なため、両者の仲介を専門としている宅建業者に、相手方探しを「媒介契約」によって依頼するのである。
媒介契約の種類
媒介契約には、1.依頼者が、他の宅建業者に重ねて依頼することができる「一般媒介契約」(明示型と非明示型がある)、2.依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができない「専任媒介契約」、3.依頼者が依頼をした宅建業者の探し出した相手方以外の者とは、売買または交換の契約を締結することができない「専属専任媒介契約」の3種類がある。
媒介契約のルール
宅建業者は、宅地または建物の売買または交換に関する媒介契約を締結した際には、後日、依頼者との間で、媒介契約の存否、その内容、報酬等をめぐって紛争等が生ずるのを防止するために、契約内容を記載した書面を作成して、遅滞なく依頼者に交付しなければならない。また、媒介報酬の上限額についても、国土交通大臣の告示により制限されている。