不動産用語集

【売買契約(ばいばいけいやく)】

売買契約とは
民法第555条に規定される、当事者の一方が、ある財産権を相手方に移転することを約束し、相手方がその代金を支払うことを約束することにより成立する契約のこと。売買契約は、当事者双方が意思を表示して、意思同士が合致するだけで成立する、諾成契約とされている。また売買契約は、書面による手続きは必要ではなく、口頭でも成立する不要式契約である。さらに、財産権の対価として交付されるものは、金銭でなければならない。金銭以外の物を対価とすると「交換契約」ということになる。不動産取引において、賃貸借契約とあわせて最も重要な契約方式の一つである。
売買契約のルール
売買契約成立後、売主には「財産権移転義務」が発生し、目的物の引き渡し、所有権移転登記、農地売買における知事に対する必要な許可申請等、に協力しなければならなくなる。一方の、買主には「代金支払義務」が発生する。代金の支払いは、通常の売買契約では売主から所有権移転登記、引き渡しを受ける際に、支払われている。宅地や建物の割賦販売等については、宅建業法、積立式宅地建物販売業法等により、消費者保護のために規制が設けられている。