不動産用語集

【青田売り(あおたうり)】

青田売りとは
もともとは「田圃がまだ青いすなわち稲が十分に成熟していない時点で、その収穫高を見越して米を売る」意味であるが、不動産業界においては、未完成の建物や宅地を販売することをいう。「売り建て」ともいう。
青田売りの規制事項
青田売りの場合、契約時に実物の物件等が完成していないので、設備や仕様などをモデルルームや設計図面などで確認することが必要なる。また消費者保護の観点から、青田売りを行う際には、宅建業法により、いくつかの制限事項が設けられている。すなわち、建築確認が取得されるまでは当該物件の青田売り広告を出すことが禁止される(第33条広告開始時期の制限)、工事完了時に書面で「形状や構造」について説明することが義務付けられる(第35条第1項5号)、「宅地の開発計画」、「建物の建築確認」が得られた後でなければ売買契約は締結できない(第36条契約締結等の時期の制限)、建売住宅(土地付建物)の売買契約時には、土地の開発許可に加えて建物の建築確認も必要となる、宅建業者は手付金等の保全措置を行わなければならない(第41条)などである。
ここをチェック
建築条件付宅地に建物を建てて販売される物件については、以下のポイントに留意することが重要である。契約は土地の売買契約と建物の請負契約の2本立てになる、二つの契約が同時に行われることはない、住宅プランや見積もりについて3か月間の検討期間が認められる、その間に気に入らなければ解約することができる、解約時には無利子で土地売買に支払った金額の返還が受けられる、建築請負業者が明記されているなどである。